1. カシオデザイン
  2. ワークス
  3. vol.12 2019年度 デザインアワード受賞作
vol.12

2019年度 デザインアワード受賞作

ここでは、レッドドット、iF、グッドデザイン賞など
世界的に名誉あるアワードの2019年の受賞作を集めました。

グッドデザイン賞

G-SHOCK MUDMASTER GG-B100

サバイバル用途を想定し、砂漠や泥沼などの過酷な陸上環境に合わせた耐泥構造を最大の特徴としたモデルです。20気圧防水/耐衝撃構造を実現した独自の耐久性能に加え、電波受信+クアッドセンサー(方位/気圧・高度/温度/加速度)を搭載し、「耐久性能」と「エレクトロニクス技術」を融合させたG-SHOCKです。

グッドデザイン賞

PRO TREK smart WSD-F30

「腕に地図」をコンセプトにPRO TREKブランドを冠したアウトドア・スマートウォッチです。1回の充電で最大3日間のカラー地図とGPS利用を可能にする「エクステンドモード」を搭載し、より広いアウトドアシーンに対応できます。視認性、堅牢性を確保しつつ、小型薄型化によりユニセックスなサイズとすることで、アウトドアシーンでの使いやすさを追求しました。

グッドデザイン賞

NAMELAND i-ma KL-SP10

お名前ラベルや収納ラベルを専用アプリの操作で簡単に作れるラベルライターです。花器や食器をモチーフとし、インテリアに馴染みながらも存在感のあるデザインは、ユーザーが使わない時でもそばに置いておきたくなる製品を目指しました。丸みを持ったフォルムと素焼きの器のような粗めのテクスチャーの組み合わせによって、存在感を際立たせています。

グッドデザイン賞

Casiotone CT-S200

スキルや年齢を選ばず、幅広いユーザーがいつでも、どこでも演奏できるポータブルな電子キーボードです。小型化したボディや、握りやすいハンドルにより、運びやすいスタイリングを実現しました。また、演奏中も直感的に操作できるユーザーインターフェイスを採用し、気軽に演奏を楽しむ事ができます。特徴的なハンドルは、試作を繰り返し最適な握り心地を実現しています。さらに持ち運び時の美しさにも拘り、製品底面もすっきりと整理されたデザインになっています。その結果、「Carry your Sound」のデザインコンセプト通り、あらゆるユーザーに時と場所を選ぶ事なく、楽しんで頂ける製品となりました。

グッドデザイン賞 BEST100

生き物としての力を取り戻す50の自然体験

近代化が進み、人と自然の関わりが薄くなったことで、人が本来持っている「生きる力・感じる力」の低下や、さらなる環境破壊が懸念されています。自然への意識を変えようと、自然教育や環境教育など、様々な試みがなされていますが、教科書的な表現から「面白くない・古臭い」といったイメージが定着しているものも多くあります。 私たちは、エクスペリエンスデザインのアプローチを取り入れて、自然体験をリデザインすることで、より多くの人が、自然は魅力的で面白いと感じられるのではと考えました。専門家の視点を借りたエッジの効いたシナリオで、読者の新鮮な感覚や感性を刺激する新しい自然体験。自然の魅力を再発見し、より多くの人に自然とのつながりを取り戻して欲しい(Feel the earth, Evolve yourself)と願い、体験をデザインしました。
※本書は当社の自然体験メディア「WILD MIND GO! GO!」を再編集しています。

グッドデザイン賞

G-SHOCK GRAVITYMASTER GWR-B1000

過酷な任務を遂行するパイロットをユーザーとして設定。想像を絶するスピードで移動するパイロットに求められる視認性や強度に加え、軽さについても極限まで追求しました。ウレタンとメタルに次ぐ第三の素材「カーボン」の特性を生かしたデザインと、最新のタフネス技術を融合させた「リアルパイロット」G-SHOCKです。

iFデザイン賞

G-SHOCK MT-G MTG-B1000

使用シーンを限定しない、強靭と洗練を兼備えたデザインを採用したモデルです。箱形のメタルフレームでインナーケースを強固にガードする「新コアガード構造」により、小型化、薄型化を実現し装着性を向上させました。スマートフォンとのリンクで操作性を一層向上させています。これが進化を続けるメタルツイステッドG-SHOCK「MT-G」です。

iFデザイン賞

光ナビゲーションキーボード LK-511

ピアノ曲からJ-POP、アニメソングまで、幅広い演奏に対応する電子キーボードです。鍵盤が光って演奏をサポートしてくれる「光ナビ」、楽しく着実に上達できる練習機能「ステップアップレッスン」など、初心者でも簡単に演奏を楽しめる使い易さと音質の両面にこだわりました。タイル状に分割されたパネルデザインは、機能ごとにタイルの色/質感をそれぞれ変える事で、質感の高い仕上がりを目指しました。これまでは子供向けのイメージが強い商品でしたが、大人にも積極的に選んでいただけるデザインになっています。

iFデザイン賞

ハンディターミナル DT-X400

倉庫の物品管理で使用されるAndroid OSを搭載したハンディターミナルです。1日に長時間使用される機器なので、「疲れない」「間違えない」「仕事を止めない」を、どう実現するかが課題でした。辿りついた形状コンセプトは「Sculpture(塊から削り出した彫刻)」。必要な部分だけ隆起した手に馴染む形が、優れたホールド性と操作性をもたらします。働く人に気持ち良く使って欲しいというデザイナーの想いが詰まったこの製品が、働く人にとって愛着を持てる「相棒」となり、現場で活躍する事を期待しています。

関連する記事