デザイン

vol.7 大人の女性に向けたG-MS

日々、私たちが生み出している商品を、開発の流れを交えて担当デザイナー本人の視点から語ります。
今回はONもOFFもアクティブな大人の女性に向けた、G-MSのデザイン開発ストーリーについてご紹介します。

G-MSって何?

G-MSはG-SHOCKのエッセンスが入った、ビジネスシーンにもオフシーンにも使える「大人の女性に向けた時計」というコンセプトで開発が始められました。
デザイン部だけでなく、商品企画担当者や営業担当者と一緒にキーワードやイメージ、
スケッチを交えながらどんなお客さまにつけてほしいのかを考えていきました。

高級感×トレンド×Gブランド

ファッションスタイルは多様化していて、働く女性のファッションはカジュアル化が進んでいます。
そこでビジネスウォッチ=スーツに合うコンサバウオッチだけではなく、ふだん使いできるスポーティでカッコイイ時計のデザインを目指しました。
一番苦労したのは女性のメタル時計とG-SHOCKらしさの共存です。
G-SHOCK色が強すぎると女性のお客さまから離れてしまい、かといって弱すぎると他社商品に紛れてしまいます。Gブランドの女性メタル時計とは何か?を追い求めるために時計のサイズ感やデザインを3Dプリントで何度も検証。メタル部品の加工は生産現場とやりとりを重ね、試行錯誤しながらデザインを行いました。

海外ヒアリング調査

カラーバリエーション展開したモックアップを欧州、アメリカ、アジアなど世界各地の販売員や
マーチャンダイザー、ファッション関係の方々に見てもらい、客観的な意見をうけデザインのブラッシュアップを重ねていきました。
実際多くの販売員の方が「これは良い!早くだしてほしい!」とお世辞ではなく本気で言ってくれた時に、この商品は「イケる!」と思いました。

働く女性に

コンセプトワークからデザイン、ヒアリング調査を行いターゲット像やファッションスタイルを具体化することを大切にしてデザインしてきました。発売後、ターゲットに近いカッコイイ女性が着けているのをみかけた時は心の中で思わずガッツポーズしてしまいました。これからも多くのお客さまに使ってもらえるようなデザインを生み出していきたいです。

時計は、ファションに合わせて楽しむ、アクセサリーのような存在です。
丈夫で、他にはないデザインがいいとお客様にいっていただいた時は
本当にうれしかったです。
これからも、多くのお客様が、身につけると気分がアガるような商品を
開発していきたいと思います。

Back