遼 Watch!

Vol.32 2019.12.3

ホスト大会で石川 遼は何を魅せた…!?

テーマ:ゴルフ
石川 遼がホストプロとして臨んだ『カシオワールドオープン』。
11度目の出場。そして逆転賞金王の可能性もある戦い。
「今年こそは優勝を…」という気持ちで臨んだ1戦です。


初日は14位タイ。二日目は12位タイと上位を狙える位置で迎えた決勝ラウンドの三日目。
後半10番でバーディ発進したものの11番はグリーン手前の大きなバンカーに入れてダブルボギー。
しかし…追い込まれてからの石川は強かった…!

大勢のギャラリーに囲まれる中、15番からの上がり4ホール連続バーディフィニッシュ!
終わってみれば7位タイと、3日連続で順位を上げ、運命の最終日を迎えた。


トップと5打差の10アンダーからスタートした石川は3つスコアを伸ばしてトータル13アンダーの10位タイでフィニッシュ。
最終日こそ、順位を落としてしまったものの、本大会では4日間、全日をアンダーパーで回りました。
全日をアンダーパーで回ったのは「日本プロゴルフ選手権大会」「セガサミーカップ」で2戦連続優勝を上げるなど無双モードが続いてたこの夏のRIZAP KBCオーガスタ以来となります。

そして最終18番では石川 遼らしいプレーを見せてくれました。
Par5、238ヤードのセカンドショットを3番アイアンで2オンに成功。
大勢のギャラリーが見守る中、3メートルのイーグルパットを沈め、イーグルフィニッシュ!


「この試合が始まる前より、今日のほうが良くなっているという感じはする。もう少し行けたかなという感覚はありますが、常にこういったゴルフができれば悪くないと思う」と、来週に控えている最終戦を前に期待が持てるコメント。

また、この試合期間中、体調を崩していた石川ですが、試合会場に訪れていたファンの方々へのファンサービスは欠かさず、笑顔で感謝の気持ちを伝えていました。

来週は今シーズン最終戦である「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が開催されます。
最終戦はどんな石川 遼を見せてくれるのか楽しみですね!

> 応援メッセージ

ニュースリザルトフォトギャラリー