遼 Watch!

Vol.42 2021.6.23

再び世界の舞台へ 石川遼の本当の挑戦が始まる

テーマ:ゴルフ
2020-21年シーズンも第14戦目(日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills)までを終えました。
石川遼選手は優勝こそないものの、
史上初となる選手会主催で開催された『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品』では優勝争いに加わり、
最終的には7位タイに終わりましたが、
流石の存在感をアピールしてくれました。


また、先の全米オープンには自身6度目となる出場を果たしました。
結果は残念ながら予選落ちとなりましたが、
今回はそれを覚悟の上での挑戦でした。
日本で行われた全米オープン最終予選をトップで通過し、
出場権を勝ち取った石川選手でしたが「そこで見たくない現実を見ることになったとしても行く価値がある」と話していました。
新型コロナウィルスの影響などがある状況下での渡米にはいろんな意味でリスクが伴うはずですが、
今の石川選手にはそれらを上回る価値が全米オープンの舞台には待っていると確信していたのです。


弊社の社訓は「創造と貢献」ですが、何か新しいものを生み出すには、チャレンジする勇気と決断、そして実行力が必要になります。
石川選手はまさに新しい自分を生み出すための挑戦をし続けています。
だからこそ多くのファンの心を掴むのだと思います。
今年は男女共にメジャーを制するなど日本のゴルフ界にとって大きな変革の年となっています。
石川選手にとっても計り知れない刺激を受けているはず。
全米オープンでの悔しさを糧にさらなる高みを目指す石川選手の挑戦を今後もサポートしていきたいと思います。

> 応援メッセージ

ニュースリザルトフォトギャラリー