遼 Watch!

Vol.30 2019.11.19

2度の優勝を誇る舞台での大事な一戦!

テーマ:ゴルフ
今回の舞台は2010年、2012年と優勝経験のある「三井住友VISA太平洋マスターズ」でした。
しかしながら前週のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPに続き2週連続の予選落ちと、
復活賞金王に向けてブレーキを踏む形となってしまいました。

本人は「波があると思うし、良い時もあれば悪い時もある。あんまり焦っても意味ないのかな」とコメント。
前週苦しんだドライバーも今大会では2日間を通して、ドライビングディスタンスがトップという明るいニュースもあり、
「内容は良くなっている。内容と結果が一致することをただただ待つしかない」と前向きにとらえました。

ドライバーショットも復活の予兆を感じます。

ちなみに本大会で優勝を果たしたのはアマチュアの金谷 拓海選手。
アマチュアでの優勝は1980年の倉本昌弘(中四国オープン)、2007年の石川(マンシングウェアオープンKSBカップ)、11年の松山(三井住友VISA太平洋マスターズ)に続き、4人目の快挙です!

石川もこのアマチュア時代の優勝からすべてが始まりました。
ゴルフ界にとっても良いニュースです。

国内男子トーナメントも残り3試合。
11月28日からは石川がホストプロを務めるカシオワールドオープンも開幕!
石川のビッグプレーを期待しましょう!

夕方はだいぶ冷えたみたいです。

> CASIO WORLD OPEN 2019 トーナメントサイト

> 応援メッセージ

ニュースリザルトフォトギャラリー