PROFILE

石川 遼 RYO ISHIKAWA

BIOGRAPHY

2008年1月、高校在学中ながら16歳でプロ転向を宣言。
11月の「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ初優勝を飾り、
初年度で賞金ランキング5位に入り、史上最年少での1億円プレーヤーとなる。
愛称の“ハニカミ王子”が起こした旋風は社会現象にもなった。

2009年には「マスターズ」をはじめ海外メジャー3試合に出場し、
国内では年間4勝を挙げ、1億8000万円を超える賞金を獲得、
史上最年少での賞金王に輝く。

2010年「中日クラウンズ」でマークした「58」は、
世界最少ストロークのギネス記録にもなった。
2012年「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝。
2013年には主戦場を最高峰の米ツアーに移した。

日本ツアーでは2014年に1勝、
2015年は最終戦「日本シリーズJTカップ」を制し、
国内メジャー初優勝。16年は腰痛により5カ月間の
長期離脱を強いられたが、
復帰2戦目の日本ツアーで優勝。

近年は怪我の影響もあり苦しい戦いが続いているが、
2018年からは史上最年少の男子ツアー選手会長として
国内ツアーを牽引する。

2019年序盤は腰痛による棄権もあり、苦しんだが、
復帰2戦目の「日本プロゴルフ選手権大会」優勝。
また、「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」、
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を制し、
14人目の生涯獲得賞金10億円突破を達成。

生年月日 1991/09/17
プロ転向 2008年
出身地 埼玉県
身長 175.0cm
体重 70.0kg
国籍 日本
出身校 杉並学院高
通算勝利 日本 17勝(国内メジャー 1勝)

CLUB SETTING

ドライバー
キャロウェイ エピック フラッシュ ドライバートリプルダイヤモンド(9.5度)
ツアーAD PT(7、45インチ、硬さTX)
FW&UT
キャロウェイ XR 16 フェアウェイウッド (3番13.5度)
アイアン
キャロウェイ APEX PRO アイアン(2019年モデル)(2番18度)
キャロウェイ X フォージドアイアン(2013年) (4番~PW)
キャロウェイ APEX MB アイアン(4番~PW)
ウェッジ
キャロウェイ X フォージド ウェッジ ニュー・ビンテージ (50度)
キャロウェイ マックダディ 2 ツアーグラインド ウェッジ (58度)
パター
オデッセイ プロトタイプ PT 09 ix パター
ボール
キャロウェイ クロムソフト X ボール(2018年)

取材:2019年 セガサミーカップ 最終日 ※ プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアセッティングとは異なることがあります。